HOME > アフターサービス > まもりすまい保険


当サイトでは、実在性の証明とプライバシー保護のため、 SSLサーバ証明書を使用し、SSL暗号化通信を行っております。

アフターサービス

安心の証、住宅瑕疵担保責任保険「まもりすまい保険」

木造(在来軸組工法)の戸建住宅
今まで品格法という法律で、新築住宅には構造や雨水の浸入する部品の10年保証が義務づけられていました。 しかし、この法律では、業者が倒産したり、あるいは業者が瑕疵と認めなかった場合には、泣き寝入りをするか、 裁判をせざるを得ませんでした。
つまり、10年保証というものの、その実効性に疑問が合ったのですが、強度偽装事件を契機として、 10年保証の実行性の不備が浮き彫りにされ、今回新しく「特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律 (通称一住宅瑕疵担保履行法)」という法律が制定されました。
つまり、万一の際の業者の支払いを保健等という形で確保することが法律で求められたのです。

イメージ
住宅瑕疵担保履行法では、構造耐力上主要な部品および雨水の浸入を防止する部品に関する 10年間の瑕疵担保責任を対象としています。


●保険加入までの流れ

イメージ

◆期間は10年

保証されている保険の期間は、新築住宅の引渡から10年間です。

◆最大2000万円まで保証が出ます

建物完成後、瑕疵と分かるとその瑕疵を直すための補修費用が2000万円を上限として支払われます。
手直しのための工事は、業者が健在である限り、瑕疵を直すのも建物を建てた業者で、 保険金も業者の方に支払われます。

◆2回の現場検査と保険証券

工事内容を確認する意味で、基礎工事と上棟時の2回の現場検査が行われ、 合格すると完成引き渡し時に保険会社から「保険証券」が、 住宅会社を経由する形で注文あるいは購入者に交付されます。

万一の時にも、10年間の安心を提供

※詳しくは現地係員にお尋ねください。

イメージ

※保険証券が交付されます。



| HOME | 会社案内 | 資料請求 | 見学予約 | セレクトオーダー | アフターサービス | お問い合わせ | Q&A | プライバシーポリシー | サイトマップ |

| 分譲物件 | 賃貸物件 | フォトギャラリー | ご契約の流れ | ローンシミュレーター | 購入者のページ | リンク集 |